脱毛による肌トラブルは誰にでおこる可能性あり!対策方法をチェック

脱毛による肌トラブルは誰にでおこる可能性あり!対策方法をチェック

クリニックで行うレーザー脱毛でも、サロンで行うフラッシュ脱毛でも、あるいはニードル脱毛でも万が一のトラブルを防ぐために安全面は気をつけているはずです。

ただしトラブルが起こってしまう可能性もゼロとは言えないのが事実。

脱毛でどのような肌トラブルが起こりえるのでしょうか?

脱毛で起こる可能性がある肌トラブルの項目と対策をまとめてみました。

 

脱毛ってそもそも肌に悪い?

脱毛は肌に負担がかかります

 

脱毛は肌に負担

どの脱毛法でも直接肌を傷つけることはしませんが、発毛組織にダメージを与えているので、多少なりとも肌に負担がかかっています。

特に脱毛力が高いニードル脱毛レーザー脱毛では肌への負担も大きくなり、肌トラブルの危険性も高くなります。

フラッシュ脱毛は肌への負担が最も少ない脱毛法ですが、フラッシュ脱毛でも火傷や炎症の危険性がゼロというわけではありません。

全てのサロンやクリニックが安全対策しているので過剰に心配する必要はありませんが、肌に負担がかかることを忘れずに脱毛後はしっかりケアをしましょう。

 

肌にやさしい脱毛サロンでおすすめはラココ♡

ラココ月別キャンペーン

ラココは全身脱毛(顔、VIO含む)5回69,000円という業界トップクラスの安さの脱毛サロンです。

取り入れているSHR脱毛は毛に直接ダメージを与えず肌への負担が少ないのがポイント。
(参考:SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の特徴・サロンまとめ!”効果ない””抜けない”の真相に迫る!

人肌くらいの低い温度で照射するので安全性が高く痛みもほとんどありません

さらに今まで脱毛を断られていた日焼け肌さんや色黒さんも脱毛OK!

「肌あれしやすいから脱毛に手がでない」「とにかく照射の痛みが心配」といった方におすすめですよ(*^^*)

ラココの公式サイトはこちら

ラココのまとめページはこちら!

ラココの口コミはこちら!

 

脱毛による施術後の考えられるトラブル

脱毛後に赤みやヒリヒリした症状がでる

どの脱毛法でも起こりえる施術後の不安やトラブルで最も多いのが、赤みや腫れの症状でヒリヒリとした感覚を伴うこともあります。

施術で肌自体を傷つけるわけではありませんが、毛に熱照射するので毛穴部分や皮膚全体に熱がこもり、赤みを帯びる場合も。特に肌が弱い人や色白の人だと、赤みが目立つようです。

脱毛後の赤みやひりひりは数日で治る

赤みは、蕁麻疹のように凹凸が出来て目立つ人もいれば、湿疹のような赤いポツポツとした斑点状に出る人もいます。

赤みは軽い肌炎症を起こしている状態ですので、通常は数時間~数日内におさまります。あまり心配する必要はありませんが、心配ならクリニックで炎症止めや化膿止めの軟膏を処方してもらって塗りましょう。

施術直後は赤みや腫れがよく目立つので、人目につく部位を脱毛する場合は、脱毛部位を露出しないための衣服を用意して行くと良いでしょう。

回復を早めたいならこちらも参考にしてみてくださいね。

「脱毛した肌に赤み…何これ!」考えられる理由と5つの応急措置方法

 

脱毛後に皮膚が硬くなっている

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛で比較的よくあるトラブルです。

特にワキVIOヒゲの脱毛など、太く濃い毛が密集している部位に起こりやすいのが特徴。

照射による肌への負担で、皮膚の組織に一時的に影響するようですが毛が少なく細くなっていくに連れ徐々に状態が解消されます。

完了後しばらくすると元の状態に戻るので、あまり心配しなくても大丈夫です。

特にできる対応もありません。脱毛後の肌ケアだけは疎かにしないようにしましょう。

 

脱毛後に肌が乾燥する

レーザー脱毛・ニードル脱毛は、強力な脱毛法です。

いずれも肌に直接ダメージを与えることはありませんが、毛根へのダメージは大きいので、毛穴が塞がることで発汗組織や肌のターンオーバーに影響して肌が乾燥しがちになります。

最も肌への刺激が少ないフラッシュ脱毛でも肌乾燥しやすい状態になります。

脱毛後は保湿が必須

施術後の脱毛部位はしっかり保湿ケアしましょう。

保湿は、肌の健康を高めて肌トラブルや乾燥を防ぐばかりか、脱毛効果を向上させる効果もあります。

肌が弱い人は乾燥すると痒みが出てくることもありますが、引っ掻いてしまうと肌トラブルや色素沈着の原因になってしまうので掻きむしるのはNGです。

 

脱毛後にニキビのようなブツブツが出来た!

脱毛後の皮膚に雑菌が入ったり、ダメージを与えられた毛根部に汗が付着したりすると、脱毛部位が化膿して、ニキビ状のブツブツができることがあります。

もともとニキビが出来やすい体質の人に起こりやすいトラブルで、毛包炎と呼ばれるものです。

脱毛するとブツブツの毛嚢炎(毛包炎)ができるって本当?予防策・ケアがとっても大切

化膿止めや炎症を抑える薬が処方されたりすることもあります。

 

脱毛後に内出血している?

ニードル脱毛の針が毛細血管に刺さった場合、ごくまれに内出血が出来ることがあります。内出血は、注射や点滴処置を受けた時に出来るものとしくみは同じです。

そのまま放置していても数日から1週間程度で内出血した部位が自然治癒しますので心配いりません。

 

脱毛後に色素沈着が出来た!シミが濃くなった!

フラッシュ脱毛・レーザー脱毛でシミが増えた、色素沈着が出来てしまったというケースも。

これは、器械の出力値が適切でなかった場合が考えられます。

明らかにシミが増えたり、色素沈着が出来たりという場合は、シミ除去の処置が必要な場合もあります。

脱毛するとシミができる?消える?気になるウワサをここで解明

 

脱毛後に火傷!点状の赤みや腫れ

脱毛後のトラブルで最も深刻な症状が火傷です。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の照射力が強すぎることで火傷になってしまう場合があります。

施術を受けた部位全体に、ピンポイントで何箇所も点状の赤みや腫れが出ている場合も火傷の症状です。

冷却不足や施術前に塗るジェルにムラがあった原因も考えられます。

脱毛後火傷の症状がでたらサロンクリニックへ

火傷した場合、速やかに施術を受けたサロンやクリニックに連絡を入れて対応してもらいましょう。

ケロイド状の傷痕や色素沈着を防ぐためには、できるだけ早く処置をすることが大切。

自分でできる処置としては、火傷部位を冷やすことが有効です。

クリニックでは、ハイドロキノンや化膿止めの処方を受けます。

脱毛サロンでの施術で、ドクターサポートのサービスがない場合はすぐに皮膚科医を受診した方がいいですね。

実際に医療レーザー脱毛でヤケドしちゃった体験談があるよ!

気になる人はこのページをチェックしてみてね。

医療脱毛で火傷の肌トラブル、クリニックだからって安心できない!

 

脱毛後に皮膚の知覚障害

ごくまれに、脱毛による皮膚の刺激によって、脱毛部位の感覚が鈍くなったり、しびれたような感覚がしたり、過敏になったりといった知覚異常が起こることがあります。

脱毛後、しばらくすると自然に症状がなくなる場合もありますが、念のため施術を受けたサロンやクリニックに相談しましょう。

 

脱毛後に肌トラブルを起こさないためにできること

頻繁に起こるわけではない肌トラブルですが、万が一生じたトラブルで治らない傷が出来てしまうのは絶対に避けたいですよね。

サロンやクリニックを選ぶときには安さや通いやすさだけでなく、アフターケアやトラブルがあったときの対応や保証内容などもしっかりと調べて確認しておきましょう。

事前にサロンクリニックのアフターケアを確認

また、自分自身が脱毛を適切に受けることができる状態にあるのか「無理をしない」事が大切です。

  • 風邪や病気・生理の日、場合は施術しない
  • お酒や激しい運動は控える
  • アフターケアを忘れずにおこたらない
  • 日焼けしない

詳しくは「脱毛ができない人・条件・しないほうがいい状況」誰にでも該当する恐れありをチェックしてみてください。

 

信頼できるサロン・クリニックで安全性の高い脱毛を

脱毛による肌トラブルは、後遺症として残る場合もあるので深刻な問題ですが、そもそもトラブルが起こること自体あまりありません。

施術内容よりも施術ミスが原因で起こるトラブルや失敗事例が多いので、信頼できるサロンやクリニックを選ぶことが肌トラブルを防ぐポイントになります。

もしものリスクをできるだけ回避して、安心できる脱毛を希望するならフラッシュ脱毛のように肌に優しい脱毛方法を選ぶと良いですね。

施術内容や肌のケア・トラブルが生じた場合の保証やサポートの内容もしっかり確認して、安心して脱毛しましょう。

<脱毛の基礎知識> へ戻る
  • 2016年!私達が選んだのはココ!美女肌になれる!!脱毛サロン・クリニック 口コミ総合ランキング
  • 2016年!私達が選んだのはココ!美女肌になれる!!脱毛サロン・クリニック 口コミ総合ランキング