全身脱毛の範囲は必ずしも”全身”じゃない?!脱毛範囲の注意パターンとは?

全身脱毛の範囲は必ずしも”全身”じゃない?!脱毛範囲の注意パターンとは?

全身脱毛コースの脱毛範囲と言えば、頭の先からつま先まで文字通り”全身”を想像しますよね。

しかし実は脱毛サロン・コースによって、施術範囲には違いがあります。

本ページではそんな全身脱毛コースの施術範囲のパターンを、見落としがちな<全身脱毛コースの脱毛範囲についての注意点>とともにお伝え。

全身脱毛コースの各パターン別に、おすすめサロンも合わせてご紹介します。

施術部位数に注意!数の多さ=範囲が広いはまちがい

全身脱毛 施術部位数

脱毛サロンの公式サイトで『全身○○か所~~円で脱毛!』という文字をよく見ますよね。

この○○に当てはまる数字は、脱毛サロンごとに異なります。

例えば脱毛ラボの全身脱毛コース56か所と、銀座カラーの全身パーフェクト脱毛コース24か所。もちろんどちらも全身脱毛コースですが、数字だけ見ると2倍もの差があります。

パッと見、脱毛ラボの方がより全身くまなく脱毛できるように見えますよね。

しかし実際は頭の先からつま先まで余すことなく脱毛できるのは、銀座カラーの全身パーフェクト脱毛コース24か所の方です。

両サロンの施術範囲をイラストで見てみましょう。

脱毛ラボと銀座カラーの脱毛範囲
※脱毛ラボは部位名を書いてある部位、銀座カラーはオレンジ色の部位が施術範囲です。

イラストを見ると頭からつま先まで脱毛範囲になっていることがわかりますね。

ただ顔を見ると、

脱毛ラボと銀座カラーの顔の脱毛範囲比較

脱毛ラボの顔は鼻・左右もみあげ・あご周り上下のみが施術部位なのに対し、銀座カラーはほぼ顔全体が脱毛できるのがわかります。

つまり脱毛ラボは銀座カラーより施術範囲が狭いのに、施術部位”数”は多いことになりますね。

これは部位の数え方が原因。

銀座カラーがひざ下を両方で1か所と数えているのに対し、脱毛ラボでは『右ひざ下の表』『右ひざの下の裏』『右ひざ小僧』『左ひざ下の表』『左ひざ下の裏』『左ひざ小僧』の計6か所としてカウントしています。

こうやってみると、脱毛ラボは、なかなか姑息ですね・・・(-_-)

このように部位をどこまで細かく分けるかによって、一見して施術部位数が大きく異なってくるので要注意です。

銀座カラーの全身脱毛コース24か所と同じ施術範囲の全身脱毛を行っている恋肌も細かく施術部位を数えているから、施術部位数はなんと55!
施術範囲のひろさが同じでも、施術部位”数”はおおきく変わることがあるんだ。

施術部位は数字じゃなくて、しっかりイラストでチェックしておきたいね!

全身脱毛コースの脱毛範囲は2パターン

全身脱毛 脱毛範囲は2パターン

部位数でみるとややこしいサロンの全身脱毛コースも、全身を<顔以外の全身><顔>と分けて考えるとわかりやすくなります。

実は脱毛サロンの全身脱毛コースは

  1. ”本当に”全身が脱毛範囲【全身脱毛コース
  2. 顔のみ範囲外【顔以外の全身脱毛コース

といった2パターンしかありません。

具体的に各サロン、全身脱毛コースのパターン&脱毛できない部位を見てみましょう。

 脱毛範囲のパターン脱毛できない部位
キレイモのロゴキレイモ 
【全身脱毛コース】

<全身脱毛コース>
なし
ミュゼのロゴミュゼ【顔以外の全身脱毛コース】

<全身脱毛コース>
顔すべて
銀座カラーのロゴ銀座カラー
【全身脱毛コース】

<全身パーフェクト脱毛>
なし
銀座カラーのロゴ銀座カラー
【顔以外の全身脱毛コース】

<新・全身脱毛コース>
顔すべて
C3のロゴシースリー
【全身脱毛コース】

<美肌360°脱毛>
なし
脱毛ラボのロゴ脱毛ラボ
【顔以外の全身脱毛コース】※

<全身脱毛コース>
顔の一部
(額・頬)
恋肌のロゴ恋肌
【全身脱毛コース】

<全身脱毛>
なし
ディオーネのロゴディオーネ
【顔以外の全身脱毛コース】

<全身まるごと脱毛>
顔すべて
ストラッシュのロゴストラッシュ
【全身脱毛コース】

<全身脱毛>
なし
エルセーヌのロゴエルセーヌ
【顔以外の全身脱毛コース】

<B・S・S脱毛全身28箇所>
顔すべて
※脱毛ラボのみ、顔の一部(鼻下・アゴ周り・両もみあげ)も脱毛できます

1⃣”本当に”全身が脱毛範囲【全身脱毛コース】

全身脱毛コース 顔脱毛の追加契約なし

本当にくまなく、すべての部位が脱毛範囲になっている【全身脱毛コース】。

鼻の中(鼻毛)やIライン内側の粘膜部分、目の周り・喉などの皮膚がうすい部位など、安全面の理由で照射できない部位以外は全身どこでも脱毛可能です。

顔を除いた全身脱毛を受け、『やっぱり、あとから顔のムダ毛も気になって追加契約して結果的に高くなっちゃった・・・』なんてことはよく起こります。

そういった『ムダな出費』を抑えたい方にぴったりなコースですね。

全身脱毛コースでおすすめの脱毛サロン2つをピックアップ♡

【キレイモ】【銀座カラー】

≪全身くまなく脱毛するならキレイモ!≫

全身くまなく脱毛できる全身脱毛コースならキレイモがおすすめです。

下記のイラストを見てもわかるように、”本当に”全身くまなく脱毛できます。

 キレイモの全身脱毛の顔の施術範囲は7箇所

キレイモの上半身の脱毛範囲は14箇所

キレイモの下半身の脱毛範囲は12箇所

また1回の来店での施術範囲を全身の1/4に設定しているサロンが多いなか、キレイモは1回の来店で月額制なら半身、回数パックプランなら範囲すべてを施術OK。

全身くまなく、少ない来店回数で脱毛完了できるのは余計な手間もかからずラクですね。

キレイモの公式サイトおチェック!

キレイモの料金・効果・痛みの詳細はコチラ!

キレイモの口コミはコチラ!

≪おでこ~つま先までOK!銀座カラー≫

全身脱毛専門になった銀座カラーの新プランは、顔を含む全身まるごとが照射範囲♡

具体的な施術範囲は以下の通りです。

銀座カラーの前身脱毛範囲

回数パックの料金をキレイモと比較してみると、12回料金では銀座カラーのほうが約30,000円も割安。

 6回料金(税込)12回料金(税込)
銀座カラーのロゴ銀座カラー106,920円200,880円
キレイモのロゴキレイモ123,120円229,003円

「範囲も広くて安いところで全身脱毛を始めてみたい!」という方に銀座カラーはもってこいです^^

銀座カラーの公式サイトをチェック!

銀座カラーの料金・効果・痛みの詳細はコチラ!

銀座カラーの口コミはコチラ!

2⃣ 顔は範囲外【顔以外の全身脱毛コース】

顔以外の全身脱毛コース 料金が安くなる

顔をまるまる範囲外とし、それ以外の全身を施術範囲としたのが【顔以外の全身脱毛コース】です。

上記のパターンよりも範囲が狭い分、料金も安いコースですね。

『顔はほとんどがムダ毛が生えていない』
料金はできるだけ抑えたい

という方におすすめのコースです。

【顔以外の全身脱毛コース】なら銀座カラーがおすすめ!

顔を除く全身を脱毛するなら、銀座カラーの【新・全身脱毛コース】がおすすめです。

銀座カラーの新・全身脱毛コースの施術範囲は下記のとおり。

銀座カラー 新・全身脱毛コースの範囲

※画像はタップで拡大できます

このコースは顔以外の全身22ヶ所のパーツを脱毛できます。

施術時間が1周60分とすばやく終えられるのが特徴です。

さらに新・全身脱毛コースの魅力はなんと言っても料金の安さ!
全身脱毛が月額6,500円で通い放題なんです◎

コース名回数無制限8回12回来店回数
(1年)
新・全身脱毛コースキャンペーン価格
197,650円
月額6,500円
278,000円318,000円6回
新・全身脱毛コース
<プレミアムファストパス>
キャンペーン価格
295,000円
月額9,800円
8回

8回・12回・回数無制限と回数別のプランがありますが、総額は197,650円回数無制限が1番安くなっています
コスパ面から見ても、通うなら回数無制限プランがイチオシです(^^)

この新・全身脱毛コースの料金の安さは他サロンと比べても圧勝。

サロン名料金脱毛範囲
銀座カラーのロゴ銀座カラー最安値
回数無制限
197,650円
全身+VIO
脱毛ラボのロゴ脱毛ラボ12回
209,980円
全身+VIO+顔
C3のロゴシースリー回数無制限
290,000円
全身+VIO
キレイモのロゴキレイモ回数無制限
324,075円
全身+VIO+顔
ミュゼのロゴミュゼ12回
347,759円
全身+VIO
※ワキ・Vラインは通い放題

顔以外の全身脱毛をとにかく格安で済ませたいなら、銀座カラー一択です!

銀座カラーの情報を詳しくチェック!

銀座カラーの口コミはコチラ!

 

脱毛範囲別に様々なパターンがある、脱毛サロンの全身脱毛コース。

数字にダマされず、事前にしっかり脱毛範囲をチェックすることで、希望の脱毛範囲&コスパのサロンで脱毛したいね!

スポンサーリンク

気になる部位から脱毛をチェック へ戻る