”あなた専用”が見つかる脱毛サロン「ルータス」オーナー池田麻美子さんにインタビュー!

”あなた専用”が見つかる脱毛サロン「ルータス」オーナー池田麻美子さんにインタビュー!

『とっておきの脱毛サロンみーつけたっ』第一弾は、自由が丘駅から徒歩5分のサロンLutece(ルータス)の代表オーナーである池田麻美子さんにインタビュー。

法学部卒業後は大手司法書士事務所でバリバリ働くOLであったという池田さん。
全く畑ちがいなエステ業界に飛び込んだ、そのときの気持ちとは?
自身の辛かった経験や、出産によって変化した価値観を、時にはクスッと笑ってしまう小話を交えて赤裸々に語ってくれました!

サロン立ち上げまでの道のりから、現在の脱毛へのこだわり、これからのことなどもたっぷりお届けします。

エステサロンLutece開業、そして現在

「25~6歳。人生の岐路だと思った」

―プロフィールを拝見して驚いたのですが、もともとは司法書士事務所で働くバリバリのキャリアウーマンだったそうですね?

そうなんです。大学が法学部だったので、そのまま司法書士事務所でずっと働いていました。

―美容業界へ転身されたきっかけというのは?

これがですね、最初はお客としてエステに通っていたんです。

当時は肌荒れがひどくって…。仕事がすごいハードだから、毎日夜中まで働くのが当たり前だったんですよ。そのとき付き合ってた彼氏にも、すごい肌汚いって言われてしまって(笑)鼻は黒ずむしニキビは止まらないし。
じゃあ近くのエステにでも行ってみようかなって軽い気持ちで入ったのが最初のきっかけですね。

エステって受けるもので、(自分が仕事として)やるものじゃないと思ってたんですけど、通っていくうちにどんどん肌が綺麗になっていくのを実感して。
気持ちも前向きになったし、自分に自信が持てるようになったんですね。

その時が25~26歳あたりで、ちょうど人生の岐路だったと思います。

周りも結婚しだして「私、こんな社畜みたいな生活してていいのかなぁ?」と考えてしまって…。
それで、
「じゃあこのエステ業界ってどうなんだろう」って興味を持ち始めて勉強し始めたのがそのくらいの頃でした。

―神奈川で最大手の事務所だったそうですが、辞めるときに不安はありませんでしたか?

不安よりも、同じように悩んでいる人に「ちゃんと手をかければ綺麗になる」ということを感じてもらいたい!という気持ちの方が強かったですね。

正直もう、その時の超ハードな生活にウンザリしていたんですよ(笑)
精神的にも体力的にも疲れちゃって、鏡を見るたびに顔のひどい状態にため息をつく日々・・・。そのくらいお肌も心も荒れていたのかもしれません。

もう長い時間かけて学校に通う歳じゃないと思ったからさっそく現場に飛び込んで。

化粧品メーカーやエステサロンで数年勤めたのちに、逗子の自宅の一部で自分のサロンをオープンしました。国の創業助成金や国金からの融資をうけたりして。

これも地元の商工会議所のかたと仲良くさせていただいてたおかげで随分低利子で借りることができました。貯金はいざという時の運転資金にとっておきたかったんです。

▲「25~26歳あたりが人生の岐路」という話に共感しまくる取材班

娘のアトピー発覚!【ソーシャルワーカー】との出会い

―現場で経験を積んで逗子に念願のサロンオープン!しかし開業後すぐに妊娠が発覚し休業期間へ入られていますね。

実は、生まれたらすぐにサロンを再開しようと思ってたんですけど、子どものアトピーが発覚したんです。
二日おきに病院に行くような生活で、とてもじゃないけど仕事が出来る状態ではなくて…。
まずは子どもの肌をどうにかしないと、ってことで頭がいっぱいでした。

そのときに行政からいろいろサポートが入り、社会福祉士(ソーシャルワーカー)の方と知り合いました。私自身このソーシャルワーカーさんとの出会いがほんっとに大きくて、精神的にもかなり支えられました。
それがきっかけで「私も辛い思いをしている方の役に少しでも立てれば」とソーシャルワーカーの資格を取得したんです。
ちょうど仕事もお休みしていたので、しっかり勉強する時間も確保できました。

―ソーシャルワーカーとしての経験が、サロンを経営する中で活きていると感じるときはどんなときでしょうか?

お客様のニーズに応えるという面は今の仕事にもつながっていると感じています。

ソーシャルワーカーの仕事って、その人がその社会で生きづらかったときに、どういうサービスを受ければ生きやすいかっていうことを、どんどんマネイジメントしていくんです。
なので、お客様が悩んでいることを拾ってあげて、根本的な改善に繋げるという仕組みは同じです。

こういったプライべートな空間なので、お悩みを明かしてくださることが多いんですよ。
20代後半~30代のお客様が割合として多いので、やっぱり一番は恋愛のこと。そして仕事。最近は転職の相談も多いです。ちょうどそういったことで悩む歳頃ですから。
だいたい夜にくるお客様はそういったお話狙いが多いですね(笑)

でも真面目な話、そういう悩みを拾ってあげることもお肌の改善につながると思うんですよね。

例えばニキビってストレスですぐ出来ちゃうじゃないですか。そのストレスは軽減できなくても、人に言うことで「今抱えているストレスがどんなものか?」と本人が気づくことができると思うんですよね。
ここ(ルータス)が、そういう所であればいいのかな、と思ってます。

▲辛かった経験も明るく話す池田さん。優しい眼差しです。

現在は【子どものような敏感肌でもできるサロン】へと進化

ールータス開業で再スタートするにあたって、敏感肌の人でも来れるようなサロンにしようと決意されたきっかけは何ですか?

ママ友から「ムダ毛のせいで子どもがプールに入りたくないって言うの…」という相談を受けたことがあって。そのとき頭をよぎったのは肌の弱い自分の娘のことでした。

いつか自分の子どもがムダ毛のことで悩んだときに、親として、肌を扱うプロとして、ベストな選択ができるのだろうか?そう考えるようになりました。

調べてみても、敏感肌や子どもには施術が出来ないとするサロンが多く、出来たとしても単純にパワーを弱くしただけで結果脱毛できてない、なんてこともあると知ったんです。だから、「子どものような敏感肌の人も脱毛できるサロンを開きたい」と思いました。
実はもともとルータスはお子様専用の脱毛サロンだったんですよ。

今は子どもの割合は2-3割で、大人のお客様がほとんどですが、子どもの薄くて敏感な肌を扱ってきた経験が、現在のルータスに繋がっています。
肌荒れだったりアトピー肌の方たちに対しても「無理です!」とお断りするのではなく、工夫しながら少しでも改善させていく技術と知識が身に付きましたね。

脱毛したい趣旨はやっぱり、女性なら誰でも根底にある「綺麗になりたい」という思い。この思いを尊重したいのです。

▲所々に置かれる小物にもこだわりを感じます。

現在のLuteceにおける池田さんのこだわりとは?

オーダーメイド施術のこだわり

―お客様に合わせた「完全オーダーメイド」の脱毛をされているようですが、その理由は何ですか?

もともと、その人の肌が今どういう状態であろうと決まった施術・コースをやるっていうやり方に疑問を感じていました。
「個々のニーズを拾ってあげるためには、やっぱり決まった形じゃダメだ」これが完全オーダーメイドにたどり着いた理由です。

お肌って、その日の調子だとか寝てる寝てないだけでも全然違うから、その日の調子で強くしたり弱くしたりの調整をします。
ぐっと弱くしたりする日もあれば、今日は調子いいから強くしようか、っていう日もあります。

―じゃあ、その日のお客様の肌を見て、「あっ、今日は、こうしよう!」って分かるんですか?

そうですそうです!
なんか、そば打ち名人みたいな(笑)同じ皮膚の人は存在しませんからね。

たとえば、強い光を当てられない方には手で肌の表面を刺激して、光の刺激に強くしてあげたり、弱い光でも当てる回数を増やしてあげたり。
皮膚の厚さや色、あとは皮脂なんかも見て、その人の肌によって光の幅と深さを変える工夫をしてます。
それでも光を当てることで、ほてったり熱がこもったり、人によっては腫れてしまうかもしれないですよね。
そういうのを
抑えるために化粧品とクリームも開発したりして、一人ひとりに合ったお手入れ方法を提案しています。

病院で診てもらうほどではないけれど、なんだか肌の調子が悪くてモヤモヤするときってあるじゃないですか。
そんなときに頼ってほしいなと思います。

脱毛マシンへのこだわり

―脱毛機も探し回ったそうですね。どんなところにこだわりがあったんですか?

お子さんや敏感肌の方にも使えることを前提に、特にこだわったのはパワーですね。けっこういろいろ見させてもらいました。

ー敏感肌向けなのに「パワー」にこだわったんですか?

実は安定してパワーを出せる方が安全なんですよ。

原付バイクに例えると、あれって基本60キロが限界ですけど、それだったら100キロ出せるバイクを買いたいんです(笑)
なぜって、100キロのバイクだったら60キロを安全に出せるじゃないですか。
それと一緒で、100のパワーが出したいんだったら200のパワーを出せる機械を買いたいと思ったんです。

もちろんそこまで強く出すことはないんですけど、やっぱり「出せる」っていう安定感は必要。
あとはメーカーさんとの信頼関係ですね。

敏感肌の方と普通肌の方で光の強さも施術方法も変わってきますので、お肌が敏感な方にはある程度時間がかかるというお話はしています。
それでも負担にならない施術が出来るように、脱毛施術のことも脱毛機のことも納得するまで勉強しました。

知識は充分にある。だからこそパワーがほしかったのです。

▲池田さんが納得して購入した大出力の脱毛機。ヘッドが冷たくなるタイプです!

プライベートサロンだからできるこだわり

―現在はリピート率80%超えの人気サロンLuteceさんですが、これだけ支持される理由は何だと思いますか?

非常にありがたいことです。
やっぱりプライベートサロンで毎度決まった人が必ずやってくれるのは安心なんだと思います。
スタッフさんがたくさんいるサロンだと毎回施術する人が違って、悪い言い方をすると当たりはずれがあるじゃないですか。『ああ、前施術してくれた人はもっと丁寧だったなあ…』とか。
その点うち(ルータス)では私以外施術しないので、その方のお肌の状態も良くわかってますしね。

また、ただカーテンをひくだけじゃない完全個室っていう点も支持されているのだと思います。エステサロンに来たときって、誰かに会いたくないって人も結構いらっしゃるんですよね。

あとは、カウンセリングでのお客様とのコミュニケーションの取り方にもこだわりがあります。
普通、カウンセラーや心理関係の方って、聞くことが大事で言わせてすっきりさせようっていうスタンスが多いと思うんです。だけど私は、言っちゃいます(笑)

理由は、その先にある一つの道筋を見つけられるようにするため。
何か解決策になるようなものひとつでも提示してあげた方が、納得すると思うんですよね、人って。 
だからこうしてじっくりお一人おひとりとお話して、積極的に提案して、本当に望むものを引き出していく。
これはプライベートサロンだからできることですし、わたしのこだわりでもあります。

たとえば「シミを取りたい」と言ってフェイシャルエステに来られる方も、それだけが本当に望むものじゃないかもしれない。
「なぜシミを取りたいのか?」「シミをなくすことでどうしたいのか?」までを拾ってあげれたらいいなと思ってます。

▲ガーリーな雰囲気の完全個室です♡なんだか落ち着く空間。

美女肌計画読者に向けて

「今何をすればいいのかわからない人に来てほしい」

―いろんなお悩みを抱えたお客様がいらっしゃると思いますが、特にどんな方に来てほしいですか?

ルータスのホームページブログを見て何か少しでも引っかかるものがあれば来てほしいですね。
今の時代、たくさんの情報が溢れかえる中で出会えたというのは、それが一つの縁、一つの正解なんじゃないかな。

たくさんやり方はあるけど意外に正解は少ない。実は意外にシンプルだったりする。それはお肌も一緒だと思うんですよ。その正解になかなかたどり着けない人、つまり「今、何をしていいのかわからない人」に来てほしいなと思いますね。

たとえば「自分を見つめなおす」という目的でヨガに行かれる女性!とても多いと思うけど、それって自宅で一人でもできることですよね?
なのにわざわざそういった場所に行くってことは、自分を見つめなおす場所を「あえて」作らないといけないくらい皆さん忙しいんじゃないかなって。

エステも同じように、あえてその時間を作る。自分の置かれる環境とか、肌とか、生活とかを見つめなおす一つの場所のように捉えてもらえると、効率的な使い方かなと思いますね。
ただお金をちょっと払ってキレイにしてもらう場所じゃない、と思ってもらえると嬉しいです。

▲施術が終わったらこちらのドレッサーでメイクができます

さいごに

エステシャンを目指すことになったきっかけから、現在のルータスに至るまでを楽しくお話してくださった池田さん。

「毛が抜けるのは当たり前。わたしはもっと上を叶えていきたい。」そう語る瞳には、お客様の【綺麗になりたい】という気持ちに本気で向き合っている熱意を感じました。
どんな肌質であっても一人ひとりのニーズに応え、最善の施術に臨むということがどれだけ大変なことなのか。全くその大変さを感じさせない池田さんの親しみやすい笑顔に、わざわざ遠くからルータスに訪れる方の気持ちが分かった気がしました。

今、単純に肌の表面をきれいにすることだけが、エステサロンに求める要素ではなくなってきていると感じます。
だからこそ、「自分と向き合い自分を知ることができるルータス」は今後ますますファンを増やし支持されていくのではないでしょうか。

 

ルータスでは、フォトフェイシャルとフォト(光)脱毛の他にも、フェイシャルマッサージやスキンスクライバーといった施術が受けられます。

現在は同フロアーにてダイエットサロンもオープン予定とのことです(詳しくは池田さんのブログにて)。

ボディケアも一緒にできるトータルビューティーサロンとして、ルータスと池田さんの今後に大注目です!

Lutece(ルータス)サロンデータ

サロン名Lutece(ルータス)

場所・アクセス
自由が丘
(東急東横線・大井町線)
徒歩5分
営業時間9:00~22:00
脱毛方法光脱毛(フォト脱毛)

人気脱毛メニュー
顔脱毛
1回  9,000円
5回  40,000円
10回 60,000円
支払い方法都度払いなど相談可
脱毛以外のメニューフェイシャルエステ
キッズ脱毛あり
メンズ脱毛あり(現在は紹介のみ相談受付)

ルータス公式ホームページはこちら

池田麻美子さんのブログはこちら

  1. 美女肌計画
  2. サロンオーナーインタビュー
  3. ”あなた専用”が見つかる脱毛サロン「ルータス」オーナー池田麻美子さんにインタビュー!
美女肌計画トップへ戻る