「IPL脱毛・SSC脱毛・レーザー脱毛」種類・効果の違いを解説!

「IPL脱毛・SSC脱毛・レーザー脱毛」種類・効果の違いを解説!

大きくわけて3種類の脱毛方法は「フラッシュ」「レーザー」「ニードル」。ここまではご存じの方も多いと思いますが、実はもっと細かな分け方をすることができます。

車でレース用や自家用車など用途によってわけられるように、脱毛もフラッシュの中にはIPL・SSCという方法、レーザーにも様々なものがり、同じ種類にカテゴライズされている脱毛方法であっても使用する機械によって効果が少しずつ変わってくるのです。

そこで今回どんな機械でどのように脱毛効果が変わるのかをご紹介します。最近美容脱毛に仲間入りした「ハイパースキン脱毛」という方法も調べてきました。

3種類の脱毛方法

 自己処理がいらなくなるまで(平均)痛み価格取扱向いている方
フラッシュ3年ほど弱い安いエステサロン価格を抑えたい方
レーザー1年半強いやや高い医療機関早く脱毛をしたい方
ニードル処理した部分は脱毛即日とても強いとても高い医療機関・エステサロン少量を脱毛したい方

特殊なライトやジェルを利用し毛根を焼くフラッシュ脱毛

エステサロンのほとんどがこの方法で脱毛していて、今一番主流である方法です。詳しくはこちら⇒フラッシュ脱毛の基礎知識

医療機関でしか利用できないレーザー脱毛

ライトで毛根を焼く面ではフラッシュと同じですが、医療用というだけありエステよりも1度で高い効果が得られる方法です。詳しくはこちら⇒レーザー脱毛の基礎知識

毛の根本から撃退するニードル脱毛

上の2つとは異なり毛穴一つ一つに針を刺して、根本から毛を撃退していく方法です。詳しくはこちら⇒ニードル脱毛の基礎知識

さらにこの3つの方法の中にもサロンやクリニックによって様々な種類があり、脱毛しながら綺麗なお肌になるものや、シミやほくろの改善を行えるものもあります。

それぞれの脱毛方法ごとに種類をみていきましょう。

フラッシュ脱毛の種類

格安で脱毛できるエステや脱毛サロンで使われているもので、現在主流になっているフラッシュ脱毛。

似たような価格設定がされているため「どこで受けてもとくに変わりないんじゃない?」と思うかもしれませんが、実は使用されている機種によって微妙な違いがあります。

代表的なものはIPL脱毛と、S.S.C脱毛。最終的な脱毛効果に大きな差がでる訳ではありませんが、それぞれの特性を理解して自分が選ぶべきほうを選べば、より早く脱毛効果を実感できる事は間違いありません。

2つの特性・どんな人がどちらを選ぶべきかご紹介します。

IPL脱毛ってどんな方法?

ILP脱毛説明

IPLとは「インテンス・パルス・ライト」の略になります。黒くなっているもの(毛でいくと毛根のメラニン色素)にダメージを与えることで毛根を弱らせ脱毛していく仕組みです。

日焼け肌やほくろ部位へは火傷の危険性があり施術が出来ず、色素の薄い白髪やうぶ毛にも効果が期待できません。

しかし、元々は美容皮膚科などで美肌効果目的のために使用されていたレーザーで、脱毛しながら毛穴を目立たなくしたりシミを薄くする効果を持っています。

SSC脱毛でも美肌効果を期待できますが、脱毛でより美肌効果を得たいという方はIPL脱毛がおすすめです。

IPL脱毛をしているサロンは【銀座カラー】と【エタラビ】があります。実際に脱毛した方の口コミを見たい方はこちらを参考にしてみて下さいね。

銀座カラーの口コミを見る

エタラビの口コミを見る

SSC脱毛ってどんな方法?

SSC脱毛説明

SSC脱毛もIPL脱毛のように、メラニンに反応して毛根にダメージを与えていき脱毛効果を得ることがができます。ここまでは2つの脱毛法は同じ。

では何が異なるのかというと、違いがあるのは肌に塗るジェルの種類。毛の成長を抑える成分が含まれた小さなカプセルを含んだジェルを塗って照射します。このカプセルは光を当てるとはじけて毛穴の奥まで抑毛成分が浸透していくようになっていく仕組みです。

毛根にダメージを与えていく方法は同じですが、IPLよりもメラニン(黒)には反応せず発育を抑え毛を弱らせることで脱毛するという特性上、脱毛のスピードは遅めになっています。

ただし、抑毛成分はメラニン色素に関係なく脱毛するため、IPLより産毛にも脱毛効果が期待できる点はメリット。また光の出力が弱めに設定されているため、敏感肌の方も比較的安心して受けることの脱毛方法です。やけどや痛みの心配もほとんどありません。

肌への負担をかけずに脱毛したい・産毛にも脱毛効果を実感したい方はSSC脱毛がおすすめです。

SSC脱毛をしているサロンは【ミュゼ】【脱毛ラボ】です。実際に脱毛した方の口コミを見たい方はこちらを参考にしてみて下さいね。

ミュゼの口コミを見る

脱毛ラボの口コミを見る

レーザー脱毛の種類

毛の黒いメラニンに熱が吸収され、毛根細胞を破壊していくのがレーザー脱毛です。黒い部分にしか痛みを感じにくく、皮膚を傷つけるリスクが少ないのも特徴です。

現在日本で使用されている代表的なレーザーは3つあります。

 ライトの波長その他の効果向いている方出来るところ
アレキサンドライト短め(755nm)安い
肌に優しい
レーザーがいいけど費用は抑えたい方
シミや黒ずみも気になる方
湘南美容外科
アイエスクリニック
ジュエルクリニック
ダイオードレーザー長め(800nm)1度の照射範囲が広く時間短縮になる
産毛まで可能
顔や背中など細い毛までしっかり脱毛したい方
リゼクリニック
アリシアクリニック
ロングパルスヤグレーザー長い(1064nm)肌に優しい
色素沈着部分にも可能
男性のひげ、デリケートなどの太い毛を脱毛したい方
乳首や肛門の毛をなくしたい方

機種ごとの特徴を知り、何の機種が自分にあったものなのか選ぶための参考にしてみてくださいね。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー※画像引用元:湘南美容外科クリニック公式ホームページ https://www.s-b-c.net/bodycare/

1番早く日本に普及したレーザーです。シミやあざの治療にも使われるレーザーなので美肌効果がありますが、波長が短いため産毛の多い顔や背中には向いていません。しかし、平均して他のレーザーよりも安く施術を受けられることは最大のメリット。産毛じゃない広範囲にわたって毛が生えているワキや足の部位にはおすすめです。

アレキサンドレーザーの特徴については下記のページで詳しく解説してるよー。

アレキサンドライトレーザーの6つの特徴は?おすすめの医療脱毛クリニックも厳選!

 

ダイオードレーザー

ダイオードレーザー※画像引用元:アリシアクリニック公式ページ https://www.aletheia-clinic.com/depi/depi/machine.html

一度に照射できる範囲が広いため、その分施術時間が短縮できるというメリットがあります。また、このレーザーは他のものに比べて肌のメラニンに吸収されにくい性質があるため、地黒の方や日焼けしている方であっても施術が可能なことが大きな特徴です。

ダイオードレーザーを使用しているのは【アリシアクリニック】と【ドクター松井クリニック】です。実際に脱毛した方の口コミを見たい方はこちらを参考にしてみて下さいね。

アリシアクリニックの口コミを見る

ドクター松井クリニックの口コミを見る

ロングパルスヤグレーザー

YAGレーザー※画像引用元:リゼクリニック公式ページ https://www.rizeclinic.com/stance/machine/

ヤグレーザーは波長がとても長いため皮下への浸透力が深いです。そのため細い毛に比べて、毛根が深いところにある太い毛もしっかり脱毛できます。皮膚表面のメラニンに対する刺激が優しいため日焼けした肌や色素沈着のある部位にも安全性が高いとされているレーザーです。

元々は表面の血管病変を治療するために用いられていたので脱毛と同時にシワや肌質の改善などといった治療も行えます。

 

ヤグレーザーの詳細は以下のページで紹介しているよ!
YAGレーザー(ヤグレーザー)の医療脱毛ってどうなの?痛みや効果が丸わかり!

 

レーザーの効果を高める機械

ライトシェア・デュエット

使用するレーザーはダイオードレーザーと同じものですが、皮膚を吸引して伸ばしながら毛のメラニン部分に効率よくレーザーを当てる機械です。また、レーザーの出力が弱くても効果的に脱毛を行うことが出来るため、肌トラブルを引き起こしにくい仕組みになっています。

施術時間が半分~3分の1程度まで減少するため、比較的安価にレーザー脱毛ができます。ただし、皮膚を吸って伸ばすという仕組みのため、人によっては違和感があるかもしれません。

G-MAX

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを組み合わせて施術出来る機械です。冷却装置も付いているため高出力ですが、やけどの心配はありません。

太めの毛から産毛まで脱毛できることが出来る脱毛装置でありながますがら、痛みが少ないというのが特徴です。さらに美肌効果も高く、いいことづくめのレーザー脱毛がG-MAXです。

ニードル脱毛の種類

ニードル脱毛にも2種類の方法があります。オススメなのは絶縁針(ETL)です。これなら痛みを最小限に抑えることが出来、医療機関で行うのでクリニックによっては麻酔が使える可能性もあります。

痛みの強いニードル脱毛ですが「全体にはないけど、スネから数本か太い毛が生える…」「ホクロやシミの上の毛を脱毛したい!」などのピンポイントの毛が気になる方にオススメです。

効果は高いがとにかく痛みが強く費用がかさむ“ニードル脱毛”は狭い範囲に利用するのが良いでしょう。

絶縁針(ETL)

針を毛穴に入れた時は皮膚に触れる部分は電気を流さず、毛根のみに電気を流すことが出来る針です。昔のニードル脱毛は針全体に電気が流れてしまうため、毛根以外の肌部分を焼いてしまうこともありました。

しかしこの絶縁針を用いることによって毛根以外を焼くことなく脱毛が出来るため、痛みが少なく施術時のやけどやそれに伴うシミなどを作る危険性が低くなりました。

1本1本処理を行うという方法は変わらないため時間はどうしてもかかりますが、痛みが少なく確実に永久脱毛を行うことができます。この機械は今でも医療資格を有する方しか行えず基本的にクリニックでしか受けられないため、費用も1番高い方法です。

美容電気針

プロープと呼ばれるU字型の針のことを指します。上記の絶縁針は消毒して再利用しますが、プロープは使い捨ての針になります。

毛根を焼くというよりは電気分解で毛根を壊したり、毛根細胞を凝固させて死滅させるという方法で脱毛を行う機械になります。脱毛サロンで行われる場合は、ほぼこの針です。価格もサロンでの脱毛の中では高額になりがちですが、永久脱毛の効果が高い事が魅力。

またレーザー脱毛などで処理できないほくろなどの部分にも施術を行うことが可能。この方法は【TBC】や【ミスパリ】などのエステでも行われています。実際に脱毛した方の口コミを見たい方はこちらを参考にしてみて下さいね。

TBCの口コミを見る

医療行為ではないぶんそれぞれのサロンで独自の基準や資格があり、個人経営の方が料金も安く設定されている事が多いですが、針が直接肌に入るので衛生面などを考えると大手の方が安心かもしれません。

新しくでた“ハイパースキン脱毛”

ハイパースキン脱毛は、最近出始めた新しい脱毛方法です。これは従来の方法とは異なり毛が抜けた直後に特殊な光を当てることで、新しく毛が生えなくなるようにする脱毛方法。

今生えている毛には何の効果もないため、他の脱毛法以上に効果を実感するまでに時間がかかります。しかし肌への時激が非常に少ないのでアトピーや乾燥肌・敏感肌の方や子どもの脱毛に向いているといえるでしょう。

開発されてから日が浅く、まだ【ディオーネ】でしか普及していないため今後に期待したい方法です。

ディオーネの公式サイトはこちら

脱毛で一番おすすめな方法・種類は?

これだけたくさんの種類がある脱毛方法なので何が1番良いのかわからなくなってしまいますよね。当サイトとしては、ニードルは脱毛のなかでも費用や痛みが格段に高いためあまりおすすめできません。

「フラッシュに比べ早く脱毛できる医療レーザー」と「時間はかかるけど安い費用で脱毛ができるフラッシュ」なら…?というと、実は最終的に完了すればにそこまで大きな差はありません。この結果、痛みや費用面まで加味すると、フラッシュがおすすめです。

「美肌効果を得ながら脱毛したい」ならILP脱毛の銀座カラー「肌に優しい産毛まで脱毛したい」ならSSC脱毛のミュゼなど、肌の状態にあわせた脱毛方法を選んで下さいね。

<脱毛の基礎知識> へ戻る
美女肌計画No.1オススメ脱毛サロン♪
月額9,500円で全身OK!キレイモ
KIREIMO(キレイモ)

2017年7月限定キャンペーン

  • 最大67,900円お得の学割!
  • 他サロンからの乗り換え割引!最大5万円!
  • ハワイ旅行が当たる♪

キレイモの脱毛範囲は全サロンでもTOPクラス!全身33部位(顔、VIO含む)が月額9,500円で脱毛できます。

全身脱毛に少しでも興味があるなら、まずはじめに無料カウンセリングにいくべきサロン!キレイモの口コミはこちら

キレイモの無料カウンセリングへGO!

医療レーザー脱毛で全身脱毛したいなら・・!
全身脱毛月々1万円以下で通えるアリシアクリニック!
アリシアの全身脱毛はお得!

『サロン脱毛で全然毛が抜けなかったから医療脱毛に乗り換えたい・・・』

『いち早く全身ツルツルになりたい!』

『月額制でできるだけ安く通いたい』

医療レーザー脱毛を検討しているなら、アリシアクリニックがダントツでおすすめです♪

アリシアクリニックの口コミはこちら

アリシアクリニックの全身脱毛の詳細はこちら

アリシアクリニックの無料カウンセリングへGO!

  • 2016年!私達が選んだのはココ!美女肌になれる!!脱毛サロン・クリニック 口コミ総合ランキング
  • 2016年!私達が選んだのはココ!美女肌になれる!!脱毛サロン・クリニック 口コミ総合ランキング