【シースリー(C3)の事前準備】注意点やシェービング、当日の服装を解説!

【シースリー(C3)の事前準備】注意点やシェービング、当日の服装を解説!

「シースリーの脱毛ってどんな服装で行けばいいの?」

「シースリーで脱毛する上で注意すべき点を知りたい!」

などなど、初めての脱毛はわからないことだらけですよね。

今回はこのようなギモンを解決すべく、シースリーの脱毛をするうえで知っておきたい注意点や当日の服装・持ち物をすべて解説しちゃいます!

これからシースリーで脱毛予定の方は見逃し厳禁です。

 

シースリーで脱毛できない5つの状態

シースリーで脱毛できない5つの条件

シースリーは次の5つのうちのどれか1つに当てはまる人の施術をお断りしています。

  1. 生理がきている
  2. 施術前に飲酒している
  3. 過度の日焼けをしている
  4. 鎮痛剤などの薬を服用している
  5. 妊娠中・授乳中

 

①生理がきている

生理中はどの部位も脱毛できません!

シースリーでは生理中のお手入れはVIOゾーンに限らず、すべての部位で施術NG

理由は主に以下の3つです。

  • ホルモンバランスの乱れによる乾燥炎症(※生理中のお肌は想像以上にデリケートです(TT))
  • 経血により施術台が汚れるという衛生問題
  • 感染症のリスクもUP

「予約日に生理が被っちゃった・・・」というときは忘れないうちに予約のキャンセル・変更をしましょう。

またあらかじめ生理日予測をしておくと、もしもの時にキャンセルをする手間が省けます。

シースリーの生理時の対応についてもっと詳しくチェックする

シースリーの予約変更は施術の1分前までOK!

もし施術の直前に生理が来ても安心だね◎

(参考:シースリー(C3)の予約・キャンセル方法まとめ

 

②施術前に飲酒している

施術前後の飲酒はダメ!

施術の前にお酒を飲むのはやめましょう。

お酒を飲んだ後は身体の体温が上がって、肌が熱を帯びている状態。

脱毛してしまうと、脱毛機から出る光の熱によって肌荒れや赤みといった肌トラブルに繋がってしまいます。

少なくとも施術の前日~当日にかけては飲み会などの予定を入れないようにしましょう。

 

③過度の日焼けをしている

施術中は徹底的な日焼け対策を!

小麦色になっているほどの日焼けをした状態だと、脱毛の施術をお断りされてしまいます。

シースリーで使っているのは光を黒い色素に集中して当てるタイプのIPL式脱毛機。
※タップで詳細に移動します

そのため肌の色が濃かったり炎症を起こした状態で照射すると、強い痛みや腫れなどの炎症が起こりやすくなるんです。

脱毛期間中はこまめに日焼け止めを塗ったり、日傘を常備して日差しを徹底的に避けましょう!

自分の日焼け具合で脱毛できるか不安なら、スタッフさんに肌を見せて相談してみよう!

まだシースリーで契約してない人は、下記のページも見てみてね。

日焼け・地黒でも脱毛できる!6つの脱毛サロンと医療レーザークリニックを紹介♡

 

④鎮痛剤など薬の服用をしている

薬を服用するなら必ずサロンに相談しよう

鎮痛剤や炎症止めなど、薬の種類によっては施術NGになります。

薬の服用で脱毛できない理由
  • 体調面に問題がある可能性がある
  • 薬の副作用により、脱毛時の光に敏感になってしまう。

(参照:「脱毛ができない病気や服用薬まとめ」該当する人は事前に病院へ!

「頭が痛いから市販の薬を飲みたい・・・」という方も、施術の前後2日間は服用を避けましょう。

普段から飲んでいる薬がある方は、脱毛期間中に飲んでもいいかお医者さんやスタッフさんへの確認を忘れないでくださいね。

低用量ピルはOKな場合もあるよ!

普段飲んでいる人はスタッフさんに問題ないか聞いてみよう~

(参照:ピルを飲んでいても脱毛できる?脱毛効果と体への影響は?

 

⑤妊娠中・授乳中

出産、卒乳までは脱毛できません・・・

シースリーに限らず、すべての脱毛サロンで妊娠中・授乳中の脱毛は一切施術NGです。

上記の期間はホルモンバランスが大きく乱れやすくなります。

そのため炎症が起きやすくなり、もし肌トラブルが起こっても症状に合った薬を使えなくなるんです。

出産、授乳を終えて生理周期が安定し始めたら脱毛を再開しましょう!

シースリーでの妊娠中の対応について詳しくチェックする

シースリーは無期限で脱毛できるから、契約期限の心配はしなくてOK!

 

前日までに必ず自己処理を!【シースリーのシェービングについて】

シースリーの脱毛前のシェービングは念入りに!

シースリーでシェービングサービスがあるのは手が届きにくい背中上うなじだけ。

他の部位の自己処理が甘かったり、そもそも自己処理を忘れてしまうと施術をお断りされてしまいます。

前日までには必ず自己処理をすませておきましょう。

ちょっとした剃り残しなら多めにみてくれることもあるけど、対応はスタッフ次第。

しっかり自己処理して行くにこしたことはないねー。

 

シースリーでの施術当日の準備をチェック!【持ち物・注意点など】

服装に基本的な指定はナシ!おすすめは柔らかい素材&ワンピース

シースリーの脱毛は特に服装規定なし

施術中はサロン貸出のガウンに着替えるので、服装は特に指定ナシ

普段は制服を着ている学生さんや、服装に指定があるOLさんも帰る途中にサクッと通えちゃいます^^

ただ脱毛後のデリケートな肌に刺激を与えないために、私服で行く場合は摩擦が起きにくい綿などの柔らかい素材がおすすめ。

「脱毛の後に予定があるから早く帰りたい!」という方は、脱ぎ着しやすいワンピースで行くと時間短縮に繋がります◎

避けるべき服装

施術直後の敏感な肌を守るため、以下の服装はできるだけ避けましょう。

  • 肌との接触部分の多いタイトな服(スキニーパンツなど)
  • レギンスやタイツなど肌に密着する素材の衣服
  • 冷えに繋がる露出の多い服装

 

脱毛当日は肌に何もつけないこと

お化粧したまま施術はできない!

シースリーで脱毛をする前に、ボディクリームやメイクなど肌に何か付けることはやめましょう。

素肌がクリームなどによって隠れてしまい、脱毛効果が薄れてしまうからです。

また脱毛器が汚れてしまったり、成分が化学反応を起こして肌トラブルに繋がってしまうことも・・・。

「肌が乾燥してるから保湿したい!」という方も、ボディクリームを塗るのは前日までにしましょう。

シースリーでは無料クレンジングオイルを貸してくれるから、お化粧をしていきたい人は必ず施術前に落とそう!

 

必須の持ち物は会員カードと電気シェーバーだけ

持ち物は2点!化粧品や日傘もあると便利

シースリーで脱毛当日に必要なのは【会員カード】と【電気シェーバー】です。

衛生面の関係で、VIOの剃り残しはお客さんのシェーバーを使って処理します。
※その他部位の剃り残しはお店のシェーバーを使用

そのためうっかり忘れてしまうとVIOは脱毛NGになってしまうんですよね…。

せっかくの施術なのにVIOだけキレイになれないのはかなりもったいないです。

自己処理で使い終わったら、会員証も含めて忘れないうちにカバンに入れておきましょう
※電気シェーバーは家電屋さんで1,500円~3,000円程度で売っています。

あると便利な持ち物!

以下のグッズがあると、脱毛後にかなり役立ちます◎

  • お化粧直しのためのメイク道具※顔脱毛がある人のみ
  • 紫外線をお肌から守るための日傘・サングラス

シースリーではメイクしやすいドレッサーを完備。

「脱毛後に予定がある!」という方も、落ち着いてお化粧できるはずです!

 

シースリーでの施術後は体温を上げることを避けるべし

施術後は体温をあげないように注意!

施術後から翌日にかけては、スポーツや温泉など体温が一気に上がる行動を避けましょう。

脱毛後の毛穴は軽いヤケド状態でとてもデリケート。

そんな中でさらに体温を上げてしまうと、お肌がクールダウンできず赤みかゆみが出やすくなります。

施術当日はジムなどの予定を入れず、おうちでゆっくり過ごすのがベスト。

またお風呂に入るときは湯船につからず、シャワーだけにしましょう。

 

シースリーの注意点・服装・持ち物のまとめ

シースリーへ脱毛へ通うときに覚えておきたいポイントをまとめました。

【脱毛前】

  • 妊娠・授乳中、日焼けは脱毛NG
  • 施術前後の飲酒、薬の服用は禁止
  • 生理中はどの箇所も脱毛できない
  • 背中上部、襟足以外は前日までに必ず自己処理を!

【脱毛当日】

  • 肌との接触が少なくゆったりとした服装がオススメ
  • 会員カードと自分の電気シェーバーはマストアイテム
  • 当日ボディクリームを付けるのはNG(メイクは落とせばOK)

【脱毛後】

  • 施術後に湯船につかるのはNG
  • 施術後にスポーツなどの激しい運動はNG

シースリーに脱毛に通う上で最も注意したいのはシェービングです。

あまりにも剃り残しが多いと、その部位だけ照射してもらえず施術をお断りされてしまいます。

最終的に「全身キレイになったのにVIOだけ残ってる・・・」なんてことにならないよう、前日までに必ず自己処理をしておきましょう。

注意点をしっかり確認して、シースリーの脱毛で全身ツルスベ肌をゲットしてくださいね♪

シースリーの公式サイトをチェック!

スポンサーリンク

シースリー へ戻る